やりがいと充実感

北海道は、日本の都道府県の中でダントツの面積を有し、九州と四国を合わせた11県の総面積やまた日本の中では比較的大きな面積を持つ東北の7県をあわせても、いずれも北海道の方が面積が大きいです。
しかし、この北海道においての人口は、政令指定都市である札幌に集中して人口が集中し、その為、143の自治体が過疎地域に指定されています。
その為、看護師の求人として探す場合は、県庁所在地である札幌市で求人を探すことが一番現実的ですが、札幌だけでこの広い北海道の医療を賄うことは当然不可能で、過疎地として指定されている143の自治体での医療施設の充実や、また医師や看護師の人材が本来はもっとも求められています。
また、病院などの施設は札幌以外にも、旭川市と函館市などに求人が見られますが、島内全域では個人医院を中心としたクリニックが多く、看護師でも必要に応じて医師の指示のもとに様々な対応の準備をしなくてはなりません。
その為、最近の医療の職場では、様々な診療科やまた病室看護などの専門性にわかれて仕事が単調になることもありますが、個人のクリニックで働く場合は、看護師として全ての作業をこなさなければならず、経験やスキルも要求されるぶんやりがいも大きいでしょう。
看護師の仕事は、医師と違って独自で判断することはできないが、少なくとも過疎地での医療では、現状の人材だけで様々な事態に対応しなければならず、やりがいや充実感があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です