北海道・東北で働く

あれほど大きな震災の被害を受けながらも、地域で協力し励ましあいながら前進する東北の方の気質には頭が下がります。
このエリアは、もともと冬になると交通の手段が閉ざされてしまって、小さな町ごとに助け合いながら春を待つと言うその風習から、とても我慢強く、穏やかな季節にはこつこつと努力を重ねて冬の準備を整えるといった影響が強くでています。。
近年は、東京の様な都会で、看護師として仕事をする時に、多くの方が人間関係で不満を語っておられますが、現在の看護師の求人は、日本全国で人材が不足しており、何も東京や大阪のような大都心で仕事をしなくても、地方で地域医療を目差すことも考え方のひとつです。
特に東京では、自分の住む隣の住民の顔も見たことがない方が多くいる様に、都会での人間関係は職場でなくともとても希薄で、むしろ都会での生活のほうが「ひとりぼっち」を感じる若者が多くいます。
東北や北海道の方は、どちらかと言うと寡黙で、あまり多くを語らない方が多いのですが、それでも日常に声をかけあって挨拶を交わすことは、特別なことではなく、住民がお互いの顔を知る生活を送っています。
そんな中で、北海道・東北の看護師求人は、そこで暮らす地域の住民の顔の見える病院や個人クリニックでの求人も多く、感謝の気持ちと暖かな心の触れ合いが感じ取れる地域医療の求人が多くあります。
都会の様な充実した設備は整っていなくても、この様なエリアの方が看護師として本当のやりがいが見つかると思います。